お酒でむくむ原因

お酒を飲み過ぎると翌朝むくんでしまう理由

アルコールを多く飲んでしまったという場合、大抵次の日にアルコールが残ってしまい二日酔いという状態になってしまいますよね。

これだけでも結構体調的にはかなり悪い状態です。

ですがアルコールを取りすぎた次の日にはむくんでしまうという人も多くいるのではないでしょうか。

では何故、お酒を多く飲んでしまうとむくんでしまうのでしょうか。

よくアルコールは利尿作用があるといわれますよね。

何故アルコールには利尿作用があるかというとアルコールは体の中で言うと毒にあたるようで、尿によって排出することで解毒作用的な意味があります。

体の中にアルコールが入ってくると肝臓に運ばれます。

肝臓に運ばれたアルコールは分解されるのですが、この分解をする時に一緒に体の水分を使って分解するので体の外に尿として出て行きやすくなるのです。

ですがアルコールの分解に体の水分が使われるのでお酒を飲んだ後にやたら水分が欲しくなると感じて飲んでしまうことがあると思います。

肝臓が分解、解毒をした結果、水分が足りなくなったということなのです。

また、酒の飲酒量が多いと体の水分の調整機能もあまり出来なくなってしまうことも原因でむくんでしまうとも言われています。

お酒を飲む時は深酒をしないで自分で調整できる量を飲みましょう。

トップページセルライト対策には明日葉太もも痩せには水分補給方法も大切お酒を飲み過ぎると翌朝むくんでしまう理由骨盤矯正で痩せやすい骨格に足のむくみを予防する基本的な対策
Copyright (C) 下半身ダイエット. All Rights Reserved.